黄色いノート

ネット通販/EC、新技術、仕事など、いろいろ書いています

オムニチャネル/物流

クリック&コレクトの利用率はアメリカでネット買い物客の27%(2016年)

消費者がネットで購入し、注文商品を店舗や宅配ボックスなどの専用ピックアップポイントで受け取るクリック&コレクト(Click&Collect)が、アメリカで伸びてきています。オムニチャネルを進める事業者側にもメリットがあるこの手法は日本でもこれから伸び…

アマゾンのホールフーズ買収の意味を無人レジ・アマゾンフレッシュピックアップと考える

アマゾンがホールフーズを買収すると報じられましたが、その目的はホールフーズが保有する440の店舗および物流網であるはずです。アマゾンの既存サービスと共に見ていきます。

当日配送(即日配達)を中止・継続するネット通販企業のまとめ

当日配送サービスを実施している各社が、ヤマトの影響を受けて中止・継続の判断をしています。自社物流を持つ企業以外は当日配送の維持が難しくなることになりますが、各社の対応などをまとめました。

モバイルオーダー&ペイを使ったスターバックスのオムニチャネル事例とその意味

スターバックスはアメリカ全土の直営店にて、モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)というアプリからスタバの商品を購入できるサービスを展開しています。巣端のこのオムニチャネルの事例を、スタバ、ユーザー双方にとっての意味とメリットを考えつ…

ロコンドのオムニチャネル事例 - 百貨店との協業

ロコンドが「ロコチョク」を応用したオムニチャネル事例、百貨店の売り場に無い商品もロコンドで取り扱いがあればその場で店員もしくは消費者がオーダーし、消費者は数日後に売り場に届く靴を試着してみて、気に入ったら購入する、という仕組みを見てきまし…

【図解】即日配送・当日出荷を可能にしている配送の仕組み

ゾゾタウンが即日配送の対象エリアを広げたと発表しましたが、それを可能にしている即日配送・当日出荷の仕組みを解説します。

イオンモールでのリテール・オムニチャネル事例とその意味 - リリモストア

イオンの新しいオムニチャネル事例である「リリモストア」に行ってきましたので、その意味の考察など含めて、パンフレットなどの写真と共にまとめます。

アマゾンがハードルを上げる「消費者の期待値」 - 配送

アマゾンがPrime Now(プライム・ナウ)の対象エリアを拡大しましたが、1時間配送もしくは2時間配送を体験する消費者が増えていくことにより、消費者の配送に対する期待値が、アマゾン以外のネットショッピング事業者に対しても高まっていくことが考えられま…