読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色いノート

ネット通販/EC、新技術、仕事など、いろいろ書いています

学校(School:スクール)の語源は自由時間(Scholē:スコレー)

電車に乗っていた時に、駒澤大学が出していた広告が目に止まりました。

電車内でしたので写真などは撮っていないのですが、広告の中で覚えているのは

  • 自由時間に何をしていますか、スマホゲームやカラオケもいいですが、思索に当てることのできる自由時間は本当に貴重なものです、大学4年間という貴重な時間を有意義に使いましょう。
  • ご存知ですか、学校(School)の語源は自由時間(scholē)です。

という内容です。

大学生活はずっと昔に過ぎ去ってしまいましたが、学校(スクール)の語源が自由時間(スコレー)であるということが、学校は何かを学ぶ場所であるという意識が強かったこともあり、印象に残りました。

調べてみると、古代ギリシャ語である「scholē(スコレー)」を「暇」と訳しているサイトが多く見つかりましたが、Wikipediaによると

スコレーは、たんなる余暇ではなく、精神活動や自己充実にあてることのできる積極的な意味をもった時間、また、個人が自由または主体的に使うことをゆるされた時間のことである。

ということで、「暇」ではなく「自由時間」と訳すこともできるため、自由時間という訳を使ったこの広告のセンスが光ります。

このゆとりがある自由時間の存在によって、ソクラテスやプラトン、アリストテレスなどによるギリシャ哲学が花開いたということができます。

f:id:yellowpad:20170413141010j:plain

転じて現代社会に生きている自分自身を振り返ってみると、「ゆとりがある思索のための自由時間」という存在を、日常で見つけることができていないことに気付きます。

思索とはおこがましいので、仕事だったり家庭といった日常の延長からは外れた内容に関して考えるというように定義づけてみても、やはりその時間がありません。

忙しく働いているということもありますし、家庭があるということもそうです。ちょっとした時間があるとついついスマホを手にとってしまうという習慣によるところもありそうです。

大学生はやはり大学生なりに忙しいはずですが、ただよく思い出すと、確かに当時の自分は今の自分よりは時間に余裕があったと思えるので、やはり大学生活の4年間は貴重な時間です。

問題は、大学生である時にはその貴重さに気付けない・気付きにくいということにありますが。。。

実現性はともかく、大学生活を送り、社会人を数年経験してその貴重さを理解した上で、再度大学に入学する、といったことができれば解決できるとは思います。

話を戻しまして、自分がこれからこういう自由時間(Schole:スコレー)を手に入れようとすると、社会人なので社会人大学に行く?ということをまず思いましたが、何かの単位やMBA取得など、何かしら明確な目的を持って通うことになるのでちょっと違いそうです。

それよりは、何とか時間を見つけて大学の図書館に行く、ということがよさそうかなと思いました。

大学の図書館は蔵書だけでなく、その場所自体が持つ雰囲気が、社会人という立場をちょっと離れて物事を考えたりする手助けをしてくれそうです。

こんなことを考えさせてくれただけでも、自分にとっていい広告でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。

RFIDについて、ICタグとの違いやシステムの仕組み及びアパレルでの活用事例

アパレル大手でRFID(無線自動識別技術)の活用が進んでいるという記事を読み、RFIDとICタグの違いや、タグって電池切れしてしまわないのか、どういう活用事例があるのか(主にアパレルにおいて)など、今まで疑問に思っていたことをこの機会に調べてまとめました。

RFIDとは

最近いろんなところで耳にするRFIDですが、それはそもそも何かということを調べたところ、Wikipediaなどからの情報より、

RFID(Radio Frequency Identifier / Radio Frequency IDentification)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。

というように、「無線自動識別の技術全般を指すシステム」ということが分かりました。

そのため、ICタグやICカードは、「RFIDを構成する要素の一つ」ということになります。

RFIDは、

  • RFIDタグ(ICタグ、ICカード) 
  • アンテナ付きの読み取り装置(リーダー/ライター)
  • PC(IDにひも付けられた情報を保存するデータベース)

の3つの製品というか機器というかによって成り立ち、全体で1つのシステムを構成しています。このシステム構成や通信の流れを、下図にまとめました。

RFIDを構成する機器および通信の流れ

通信の流れは以下のようになります。

RFID/IC CARDの概要を紹介しますというこちらに掲載されていた図に加筆し、流れが分かりやすいようにしました。また、流れを1つ加えています。

f:id:yellowpad:20170411155432j:plain

パッシブタグの通信の流れ

  1. アンテナが電波を発信
  2. RFIDタグ内のアンテナがリーダー・ライターからの電波を受信。
  3. 共振作用により起電力が発生。(電磁誘導など)
  4. RFIDタグ内のICチップが起動し、チップ内の情報を信号化する。
  5. RFIDタグ側のアンテナから信号を発信。
  6. リーダー・ライターのアンテナで送られてきた信号をキャッチ。
  7. コントローラーを介してPC(データ処理装置)へ。

アクティブタグとパッシブタグの違い

この中でキーとなるのが「RFIDタグ」ですが、このタグには「アクティブタグ」と「パッシブタグ」の2種類があります。RFIDタグに注目が集まっているのは、この「パッシブタグ」が安価に量産(1枚あたり10円以下)できるようになったためです。5年ほど前は、1枚あたり100円程度かかっていました。

パッシブタグとは

電池を内蔵していないタグです。

上記の通信の流れにあるように、読み取り装置(リーダー・ライター)から電波を受信し、それを電力に変えて動くという仕組みです。

そのため、電池切れの心配が無く、ICタグ側の情報を読み取りたいときにだけ動作するというメリットがあります。

SUICAやFelicaに使われている技術のFelica(非接触型)などが、こちらのパッシブタイプです。

電子マネーのICカードも、利用者が使う時に読み取り装置にかざして使いますが、そのかざした時にICカードが起動するということです。

一方、通信できる距離が短いという特徴があり、規格により異なりますが例えばFelicaだと最大でも1メートル程度となっています。

アクティブタグとは

電池を内蔵しているタグです。

通信時に自らの電力で電波を発するため、内蔵されている電池が尽きると使えなくなるという短所がある一方、パッシブタグに比べてより長距離(数十メートル)でも読み取り装置と交信ができるというメリットがあります。

RFIDの特徴およびバーコードとの違い

RFIDの特徴としては、

  • 非接触
  • ICタグにデータを格納可能
  • ICタグにはユニークなIDを発行可能
  • ICタグのデータに対し、Read/Writeが可能(読み取り装置との交信によって)
  • ICタグが汚れていても読み込める

というところがあります。

バーコードとの違いを見ていくと、より分かりやすいかと思います。

バーコードの情報を読み取るためには、レーザーなどでバーコードを1つ1つスキャンしていく必要があります。スキャナーを製品のバーコードにかなり近づけなければなりませんが、大半の商店やスーパーのレジはこの仕組みになっています。

一方RFIDは、電波でタグを一気にスキャンすることができるため、1つ1つスキャンしていく必要がありません。

そのため、後述しますが製品の棚卸しやレジ作業などを大幅に軽減することができます。棚に並んでいる製品を取り出す必要が無く、棚全体に対しスキャンができるためです。

また、RFIDは通信を利用しているためRFIDタグが汚れていても問題ありません。一方のバーコードは、バーコードが折れ曲がっていたり汚れていたりすると読み取れなくなるという欠点があります。

現時点でバーコードが買っているのは価格および、その読み取り機器が普及しているということぐらいではないかと思います。

f:id:yellowpad:20170411160754j:plain

アパレルでの活用事例

日経新聞のこちらの記事に、アパレルにIT活用の波、という内容がありました。

IT活用の波というより、RFIDを活用して在庫情報であったり棚卸しであったりレジ清算作業であったり、それらの効率化の話でしたが、以下にいくつかを抜粋します。

オンワードホールディングスのRFID活用事例

オンワードホールディングスはアパレル関連の売上が2500億円近くに上るアパレル大手ですが、2018年2月までにRFIDを全面導入するということです。

オンワードホールディングスの主要ブランドとしては23区や組曲などがありますが、これらを含む全ブランドでICタグを採用し、スキャナーを主要倉庫(現在は13箇所にある倉庫を数箇所に集約)に配置して検品作業を従来の1/10に抑え、19年度までに店舗ごとに仕分ける人員を半減するということです。

オンワードホールディングスは以前はデンソーウェブの仕組みを使っていました(今は不明)。

デンソーウェブがオンワードホールディングスが扱っているブランドの1つである「チャールズ&キースグループ」の原宿1号店に提供したRFIDテーブルスキャナは、

  • 出力が調整できるので隣のレジにあるRFIDタグを読まない
  • 免許登録が不要
  • レジ台に商品を置くだけでレジ入力が完了するので早い
  • 会計前の客に対し、梱包だけ先に済ませて最後にレジを通すことが可能

というメリットがあったということです。

消費者からすると、レジ清算作業が早くなるのは喜ばしいことですし、事業者も人員配置を見直すことができるというメリットがあります。

ちなみにこのエントリとは関係ないですが、この話がいつのことなのかを調べたところ、「チャールズ&キースグループ」の原宿1号店がオープンしたのは2013年4月のことで、2016年12月には国内全店舗を閉鎖(ECのみ継続)ということでした。アパレルの移り変わりの早さを感じます。

ファーストリテイリングのRFID活用事例

ユニクロとジーユーを展開しているファーストリテイリングも、それぞれにてRFIDを活用しています。

ジーユーは、8月末までに国内店舗数の約半分にあたる176店舗にICタグを活用したセルフレジを導入する。試験導入した店舗で生産の所要時間が有人レジに比べ最大約1/3に短縮できた。

ということですが、ジーユーは2015年5月には4店舗でRFIDの利用をテストしていました。セルフレジはATMっぽい感じで、1人が商品を清算するのにかかる時間は1分数十秒ということです。
参考:GUのセルフレジを体感 時間短縮で満足度UP

インディテックス社(ZARA)のRFID活用事例

2016年に日本全店で導入済みとなっています。

インディテックス社は、世界に広がる全店での製品へのRFIDタグ取り付けを進めています。

全製品にこのRFIDタグがつくと、倉庫への入荷から倉庫からの出庫、お店への納品やお店からの返品など、製品の動きを全て把握できることになります。

もちろん棚卸しも簡単になるため、効率化の効果が大きく出ることが考えられます。

最後に

RFIDタグを製品につけることによって、その製品の動きを把握できたり(棚卸しの効率化・在庫の把握)レジ清算が早くなったり、様々なメリットがあります。

製品だけでなく棚にもRFIDタグと交信し情報を受け取る仕組み(RFIDスマートシェルフ)を入れておけば、「どの商品が何回手に取られ、何個売れたか(=何回棚に戻されたか)」など、より深い顧客動向を探ることもできるようになります。

アパレルだけでなく多くの業界に広がっていくRFIDは、引き続き見ていこうと思います。

参考:5分で絶対に分かるRFID
参考:用語集

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。

EUが反発しているイギリスの離脱文書の英語原文とその日本語訳

3月29日にイギリスが欧州連合(EU)に対して離脱を通知しましたが、その文書が「脅しのようだ」としてEU側の反発を招いています。

「イギリスは安全保障面の交渉と通称関係の交渉とをセットにして取引しようとしている」

というのがEU側の言い分ですが、いったいどういう英語文言なのだろうと思い、離脱文書の英語原文を読んで日本語訳を作りました。

イギリスのEU離脱文書の概要

ワシントンポストがイギリスのEU離脱文書の全文を掲載しています(英語)。

ちなみにこの英語原文を探すときには”full text of eu exit letter”などで検索しました。この"full text of"という単語で”全文”という意味ですので、こういう時に役立ちます。

3月29日に公表されたこの文書は全6ページから成っており、2016年6月23日にイギリス国民がEU離脱を決めたことから始まっています。

  • イギリスはEUの繁栄を願っている
  • イギリスとEUはこれからも特別なパートナーであるべきだ
  • これからの交渉をスムーズに行いたい

などの内容が書いてあります。

f:id:yellowpad:20170331142646j:plain

EU側の反発を招いた文章中の2箇所

イギリスの新聞ガーディアン(英語)の記事タイトルは「Don't blackmail us over security, EU warns May」、同じくイギリスの新聞サン(英語)の記事タイトルは「Angry EU leaders accuse Theresa May of blackmailing EU over terrorism coordination on first day of Brexit talks」となっていますが、いずれもEU側が反発していることが分かります。

この6ページに渡る文書の中で、EU側の反発を招いた箇所は2箇所あると考えています。

1箇所目

まずは3ページ目にあるこちらの英語です。

If, however, we leave the European Union without an agreement the default position is that we would have to trade on World Trade Organisation terms. In security terms a failure to reach agreement would mean our cooperation in the fight against crime and terrorism would be weakened. In this kind of scenario, both the United Kingdom and the European Union would of course cope with the change, but it is not the outcome that either side should seek. We must therefore work hard to avoid that outcome.

これを日本語に翻訳すると以下になります。

もしイギリスがEUとの合意無く離脱する場合、通商関係の基本的な立場は世界貿易機関(WTO)の取引条件にて取引することになります。

合意に達することができなかった場合、安全保障面に関しては犯罪やテロとの戦いに対する我々の協力が弱まることを意味するかもしれません。

そうなった場合でも、もちろんイギリスとEUは協力して変化に対応することになるはずですが、しかしそれは両者が求めるべき結果ではありません。

その結果を避けるために、両者は努力する必要があります。

2箇所目

最後の6ページ目で、以下の英語となります。

As I have said, the Government of the United Kingdom wants to agree a deep and special partnership between the UK and the EU, taking in both economic and security cooperation. At a time when the growth of global trade is slowing and there are signs that protectionist instincts are on the rise in many parts of the world, Europe has a responsibility to stand up for free trade in the interest of all our citizens. Likewise, Europe's security is more fragile today than at any time since the end of the Cold War. Weakening our cooperation for the prosperity and protection of our citizens would be a costly mistake.

翻訳すると以下になります。

先ほど述べたように、イギリス政府は、イギリスとEUとの間で経済協力と安全保障協力の両方を取り入れた深く特別なパートナーシップに合意したいと考えています。

世界的な貿易の成長が減速し、保護主義の兆候が世界の多くの地域で顕在化している現在、ヨーロッパはすべての市民の利益のために自由貿易を守る責任があります。

またヨーロッパの安全保障は、冷戦終結から現在に至るまでの中で、最も脆弱なものとなっています。

市民の繁栄と保護のための協力を弱めることは、大きな間違いです。

最後に

当然ですが、さすが外交文書だけあって、もちろん直接的に「通商政策の交渉を前進させなければ安全保障交渉も進めないよ」ということは言っていません。

ただし上記の日本語訳のように、それを言外に匂わせるような形になっており、それが

「交渉全体を有利に進める材料(bargaining chip)として安全保障を扱うのは間違っている」

とEU側の反発を招いています。

EUとしては残りの加盟国の立場もありますし、イギリスにいいとこ取りだけは許さないという強い態度を示す必要があります。

しかしEU加盟国を含め、世界各国が内向きの姿勢を強めていく中で、EUとイギリスがこれからどのような条件で合意し、イギリスが離脱していくのでしょうか。

内向きな姿勢の1つとして、アメリカでトランプ大統領が就任時に述べた「アメリカ・ファースト(アメリカ第一主義)についてもエントリを書いています。

よろしければお読みください。

www.yellowpadblog.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。