読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色いノート

ネット通販/EC、新技術、仕事など、いろいろ書いています

若手官僚の「不安な個人、 立ちすくむ国家」資料から感じる日本の危機

経済産業省の若手官僚30人が作成した「不安な個人、立ちすくむ国家」という資料(pdf) がネットで話題になっています。

副題にあるように「モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか」ということを分かりやすい言葉とデータで説明してあるもので、産業構造審議会総会(第20回)の配布資料ですが、経済産業省の中からこのような現状(危機)認識が出てきたことに驚きがありました。

それにしても本業を行いつつこのような資料も作っている若手官僚には頭が下がります。とても優秀な方たちなのだろうなと思います。

この資料を読んで、いくつか考えたことを書いていきます。

「不安な個人、 立ちすくむ国家」資料の全体像

資料の全体像としては、

  • 昭和の安定的な人生すごろくシステムが崩れ、多様化する選択肢の中で不安を抱える個人の存在
  • 高齢者、社会的弱者(母子家庭、非正規雇用)、活躍できない若者それぞれの立場の説明
  • 政府が「みんなに共感してもらえる「共通の目標」を打ち出すことが難しくなっている」という認識
  • 価値観の変化→制度の変化→世の中の変化、というように変化は起こせるという例
  • 子どもや教育への投資を、という提言

となっています。

それぞれの大きな項目に対して、具体例をデータと共により細かく補足しているという作りになっています。

資料の中で特に印象に残った三点

■一点目はそもそも資料として見やすく分かりやすい、という点です。

単に丁寧なパワポというだけでなく、説明したい問題・内容に対して必要な要素がデータと共に過不足無く盛り込まれており、とても説得力があります。

官僚が作る資料というと、言っている内容もその表現方法も分かりにくいし見づらいというイメージがあったのですが、この資料はまるで違っていて、例えば色使い一つとっても原色をたくさん使ってしまう(見づらくなる)などということもありません。それもよい意味での驚きでした。「若手官僚が作ったから」というのもあるのかもしれません。

2017年5月22日追記:ネット上ではこの「不安な国家、立ちすくむ国家」の資料に対して賛否両論あり、例えば資料が見やすくて分かりやすいという点についても「意識の高い人が外面だけを褒めている」というようなコメントもありました。

しかし私は、資料として分かりやすく、伝わりやすいというのはそのこと自体がとても価値あることだと思いますので(分かりやすいからこそ多くの人に読まれて議論を巻き起こしているともいえます。見づらく、伝わりにくい資料であったのならば黙殺されていたとも思いますので)、「いい資料だな」と思いました。

また末尾にも書いていますが、この資料は「具体的な政策の提案」までには踏み込んでおらず、そこに少し残念さはありますが、資料の性格から仕方の無いことかな、と思っています。

■二点目はP41の

幸せの尺度はひとつではなく、ましてや政府の決めるところではない

というコメントと、P49の

シルバー民主主義を背景に大胆な改革は困難と思い込み、誰もが本質的な課題から逃げているのではないか。

というコメントです。

どちらのコメントも民間の視点からだと「当然だよね」と思うものですが、官の立場からもこのようなコメントが出てくるものなんだな、と思いました。

幸せの尺度は人によってまちまちですが、政府としては明確に言わないまでも「こうやって過ごしてくれることが幸せなので、できるだけ多くの人にこのモデルケースを歩んで欲しい」という想定があるはずです。

しかしその一つのレールと現実に無数にあるレールはどんどん乖離しており、政府としてもそれを認めなくてはいけないという現状認識が官僚から出されたということです。

「サラリーマンと専業主婦で定年後は年金暮らし」という「昭和の人生すごろく」のコンプリート率は、既に大幅に下がっている。

というコメントから、またP37の

みんなの人生にあてはまりみんなに共感してもらえる「共通の目標」を政府が示すことは難しくなっている。

というコメントからも、それを窺い知ることができました。

2017年5月22日追記:戦後であれば、日本という国の国際的な地位の向上と、個々人の(物質的な)豊かさを追求するということが「共通の目標」であったと思います。

しかし現在は、みんなが共感できる「共通の目標」というものを設定しにくい・設定できない時代です。そういう時代に、どういう旗の下に人々の力を結集していくかはとても難しい問題です。むしろ、そういう旗はもう必要ないのかも知れず、これについてはまた考えてみたいと思います。

シルバー民主主義についても、これはP31にあるグラフ(下にキャプチャしました)の右上にも出てきますが、

経済産業省作成「不安な個人、立ちすくむ国家」からの引用、シルバー民主主義について

  • 子どもは投票権無き政治的弱者
  • 高齢者は大きな票田

というようにその問題点を指摘しており、官僚という立場からすると勇気のいることではないかと思います。

自分たちが仕えている(という表現が正しいのか)政府は、与党であれ野党であれ票田として確かに高齢者を優遇しており、そこに対する意見表明だからです。

■三点目は、「権威への回帰」か「秩序ある自由か」という箇所(P7)で、なぜ今権威への回帰が起きているのかを端的に説明している点です。

私が漠然と考えていた権威への回帰の流れの背景にある要素が、とても分かりやすく一枚のスライドに明文化されていました。

分かりやすいゴールが見えない個人中心社会で、自由だが多くのリスクを取らなければならず漠然たる不安を抱える個人が、安心を求めて強い権威を求めるという構図は、とても分かりやすいものです。

このスライドも貼らせていただきます。

経済産業省作成「不安な個人、立ちすくむ国家」からの引用、個人の権威回帰について

最後に

具体的な政策の提案が無いところは少し残念でしたが、官僚という立場からすると「新しい政策の提案=現在の政策への批判」と受け取られてしまうところがあるかと思うので、その点についてはこの資料の性格上止むなしかなと思います。

現状を正しく認識し、その現状が本当に切羽詰ったものであるということをきちんと言語化して分かりやすく伝えているだけでも、とても価値のある資料だと思います。

日本の現状が本当に厳しいものであるという、若手官僚の強い危機感がにじみ出ています。

一方その危機においても、スライドの最後に「アジアが経験する高齢化社会を日本は20年早く経験する。これを解決するのが日本の使命」と言っているところに、日本の経済産業省のプライドというか矜持を感じました。

この資料のスライドは65ページあるのですが、分かりやすく丁寧な内容なのであっという間に読んでしまうことができますので、おすすめです。

2017年5月22日追記:望月さんという方は、個人的に親しい同期の方もこの資料の作成に関わっていらっしゃるようで、こちらのエントリのように詳細にコメントされています。この資料に対する賛否両論ある中で、私が一番なるほど、と思ったエントリです。

人々が権威に回帰し、内向きになっていくことについて書いた

www.yellowpadblog.com

こちらのエントリや、とはいえ限られている財政の中で誰が負担しどこに振り分けるのかの現状を書いた

www.yellowpadblog.com

などのエントリもありますので、よろしければお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。

ビルゲイツが大学卒業生に14のツイートで贈った人生のアドバイス

マイクロソフト創業者であり現在は慈善活動家としての顔を持つビル・ゲイツが、5月15日にツイッターで大学卒業生に対してアドバイスを贈っています。

ビルゲイツのブログにはこのアドバイスは載っていませんでしたが、いろいろ見た中でブログで一番目を引いたのが、ロジャー・フェデラーと組んでテニスのダブルスをしたという記事(フェデラー財団のアフリカに対する活動への協力のため)でしたが、こちらもついでにリンクを張っておきます。

ビルゲイツの若者へのアドバイスを、英語の原文とともに紹介します。

New college grads often ask me for career advice. At the risk of sounding like this guy.

大学卒業生はよくキャリアに関するアドバイスを求めてきます。

AI, energy, and biosciences are promising fields where you can make a huge impact. It's what I would do if starting out today.

AI(人工知能)、エネルギー、バイオサイエンス(生命科学)の分野は、皆さんが大きな影響を与えることができる分野であり、私が当時に戻ったとしたら進んでいた分野です。

Looking back on when I left college, there are some things I wish I had known.

大学時代のことを振り返ると、いくつかその当時に知っておきたかったことがあります。

E.g. Intelligence takes many different forms. It is not one-dimensional. And not as important as I used to think.

例えば、「知性は多様な形態を取る」ということです。知性は一方向のものではなく、また知性は私が考えていたよりも重要なものではありません(すなわち、知性以外にも大切なものがあるということを言っています)。

I also have one big regret: When I left school, I knew little about the world’s worst inequities. Took me decades to learn.

私のもう一つの大きな後悔は、大学を中退した時に世界の最悪の不平等についてほとんど知らなかったということです。それを知るために、数十年かかりました。

You know more than I did when I was your age. You can start fighting inequity, whether down the street or around the world, sooner.

皆さんは私が皆さんの年齢であったときよりも多くのことを知っています。皆さんは不平等に対しての戦いを、今いる場所でも、世界のどこかでも、すぐに始めることができます。

Meanwhile, surround yourself with people who challenge you, teach you, and push you to be your best self. As @MelindaGates does for me.

自分に対して意見を言ってくれる人や、何かを教えてくれる人、最高の自分であるように背中を押してくれる人たちと一緒にいるようにしましょう。私にとっては、妻のメリンダ・ゲイツがそれに当てはまる人です。

Like @WarrenBuffett I measure my happiness by whether people close to me are happy and love me, & by the difference I make for others.

投資家のウォーレン・バフェットと同様に、私も身近な人たちが幸せであるか、私を愛してくれているか、そして私が他の人たちに何か違うものをもたらすことができたかによって、幸せを測っています。

If I could give each of you a graduation present, it would be this--the most inspiring book I've ever read.

もし私が皆さん一人一人に対して卒業のプレゼントを贈ることができるとすれば、それは私が今までに読んだ中で一番大きな影響を与えてくれた本、「暴力の人類史」になります。

※「暴力の人類史」は2015年1月末に日本でも青土社から発売されています。アマゾンの文化人類学一般関連書籍ジャンルにおいて1位の本となっており、現在も1-4週間での発送という事で買うことができます。上下巻それぞれが700ページと読み応えがありそうな本ですが、いつか読んでみたら書評を書きたいと思います。

暴力の人類史 上巻へのリンク(アマゾン)
暴力の人類史 下巻へのリンク(アマゾン)

スティーブン・ピンカー著「暴力の人類史」上巻の画像

@SAPinker shows how the world is getting better. Sounds crazy, but it’s true. This is the most peaceful time in human history.

著者であるスティーブン・ピンカーは、世界がいかによりよくなっているかを説明しています。おかしく聞こえるかもしれませんが、これは真実です。現代は人類史において最も平和な時代なのです。

That matters because if you think the world is getting better, you want to spread the progress to more people and places.

これ(現代は人類史において最も平和な時代であること)は重要なことで、なぜならば世界がよりよくなっていると考えることによって、皆さんは前進をより多くの人と場所に届けたくなるからです。

It doesn’t mean you ignore the serious problems we face. It just means you believe they can be solved.

これは我々が直面している深刻な問題を無視するということではありません。これは問題は解決可能なのだ、と信じることです。

This is the core of my worldview. It sustains me in tough times and is the reason I love my work. I think it can do same for you.

これは私の根幹を成す世界観です。苦しいときにも私を支えてくれますし、私が自分の仕事を愛している理由でもあります。皆さんにとっても、同様であると考えています。

This is an amazing time to be alive. I hope you make the most of it.

我々が生きている素晴らしい時代を、皆さんが最大限に活用されることを願っています。

ビル・ゲイツのツイートの原文と和訳は以上になります。

冒頭で、これから進むべき分野として「AI(人工知能)、エネルギー、バイオサイエンス(生命科学)」を挙げているのが興味深いですですし、このような認識だからこそ、巨大な事前財団を立ち上げて多くの問題解決に挑んでいるのだなと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

英語の翻訳としてはこんなエントリも書いていますので、よろしければお読みください。

www.yellowpadblog.com

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。

ノジマの家電専用フリマアプリ「nojima フリーマーケット」をメルカリ カウル、ブクマと比較

メルカリの子会社ソウゾウが5月8日に本・CD・DVD専用のフリマアプリ「メルカリ カウル」をリリースしたというエントリを昨日書いたばかりですが、家電販売のノジマも5月9日に家電専用のフリマアプリ「nojima フリーマーケット」を開始していたことに気付きました。

中古ブランド品を扱うコメ兵も今年秋にフリマアプリを計画していますし、2016年には市場規模が3052億円と推定されるフリマアプリ市場(4月下旬の経済産業省発表「電子商取引に関する市場調査」より)に、多くの企業が参入してきています。

ノジマの「nojima フリーマーケット」アプリについて見ていきます。

家電専用のフリマアプリ「nojima フリーマーケット」の特徴

第一の特徴は、プレスリリースにあるように家電専用であることです。

確かに既存のフリマアプリに家電専用のものはなく、フリマアプリ市場が広がっていくに連れて(2016年の3052億円から2017年はさらに広がることが見込まれています)このようにジャンル特化型のアプリが増えていくことが考えられます。

第二の特徴は、1都6県に150店舗以上あるというノジマの既存店舗の店頭にて出品のサポートを受け付けるという点です。

メルカリやメルカリ カウルを運営している大手のメルカリや、フリル・ラクマを運営する楽天などは実店舗を持っていないため、カウンターでサポートを受けられることで出品へのハードルを下げることができるかもしれません。

スマホなど小型のものは個人がそのまま出品すればよいですが、冷蔵庫や洗濯機など大きい家電については、そのうちこのカウンターを使った引き取り・配送サービスなども組み込んでいきそうですね。

第三の特徴は、

売上金をノジマオンラインポイントに交換することで、振替手数料を無料

としていることです。

買主の手数料は無料ですが、売主がその商品代金を手に入れるためには

  • ノジマから振り込んでもらうか(手数料864円)
  • ノジマオンラインポイントに交換する(手数料無料)

という2つの方法があります。

ちなみに、ノジマのフリマアプリもメルカリのカウルと同様、売主から販売手数料として10%を徴収する仕組みです。

ノジマとしては、ここで売り上げた金額をまたノジマでのお買い物に使ってもらいたいわけで、ポイントをフックにしたうまくできている仕組みです。

扱う対象が家電ということで単価が高くなることを見込んでいるはずですが、864円という振り込み手数料は、ノジマポイントに交換して欲しいにしろ高い気はしますが。

カウルと同様、まだアプリの展開はiOS版だけとなっておりアンドロイド版は開発中ということですが、iOS版のダウンロードリンクを貼っておきます。

「nojima フリーマーケット」を「メルカリ カウル」「ブクマ」と比較

出品にかかる時間および、それぞれがiOSでアプリを出していますので、昨日のエントリで見たカウルとブクマにこのnojima フリーマーケットのアプリのキャプチャを加えて比較してみました。

出品にかかる時間

出品者がフリマアプリを使うときに気にするのが、

  • いかに手間無く簡単に出品できるか
  • 高い価格で、出品から素早く売れるか

という点です。ここでは出品について見てみます。

ブクマは「世界最速10秒で出品できる本のフリマアプリ」と謳っています。確かに書籍の裏についているバーコードをスキャンするだけなので、非常に簡単に出品作業を行うことができます。

メルカリのカウルも公式サイト上には表記はありませんでしたが、iTunesストアにて「10秒でかんたん出品」と、こちらもブクマと同じく10秒と謳っています。

一方ノジマのフリマアプリは、「最短3分で出品が可能」というようになっており、こちらもカウルやブクマと同様、製品の写真を撮影して必要情報を入力する方式となっていますが、カテゴリの選択などより時間がかかるようになっています。

アプリのホーム画面

それぞれのアプリのホーム画面は下図のようになっています。ブクマとnojima フリーマーケットは、左上にハンバーガーメニューもあります。

ブクマとカウルとnojimaフリマアプリの画面を比較したオリジナル図@yellowpadblog

■ブクマ

  • 本一覧
  • カテゴリ
  • 出品(出品という言葉は使わずにカメラアイコンのみ)
  • やりとり
  • マイページ

■カウル

  • ホーム
  • ランキング
  • 出品
  • Off(激安)
  • マイページ

■nojima フリーマーケット

  • トップ
  • 検索
  • ウォッチリスト
  • 出品

多くのアプリがホーム画面に置くメニューの数を5つにしていると思いますが、nojimaのアプリは4つです(4つって最近見ないですね)。

それに加えて左上のハンバーガーメニューもあるので、これはブクマでも思ったことですが、少し分かりづらさがあります。

またアプリの基調色がグレーであるため、ブクマやカウルのような「楽しさ感」が小さいようにも思いました。

このあたりはアプリの方針でもありますが、モバイルファーストの世界観というか、アプリのUIに慣れていないような印象を受けます。そのうち見直されていくのではないかと思います。

気になった点(売主への商品代金の支払いについて)

ノジマのプレスリリースには、「安心のお取引」という下記の説明図がありました。

ノジマのプレスリリースにあった安心のお取引という説明図

気になったのは

購入者様が商品受け取り後双方が評価すると出品者様に代金が支払われます

という点です。

買主が商品を受け取った後、売主(出品者)を評価する(この図では受領操作という言葉になっており、受領を報告する際に出品者を評価する仕組みだと思います)のは分かりますが、それに対してさらに売主も何かリアクションをする必要があるのでしょうか。

買主が商品を受領したとノジマに伝えない限り、売主には代金が支払われない仕組みとなっているようで、買主の保護がしっかりとされている反面、買主が商品を受け取った後に何もアクションをしないと、売主としては入金されず困ったことになりそうです。

5月17日追記:メルカリも同様の仕組みになっているとid:nadanonadanotamenonadaniyoruさんに教えていただきました。ありがとうございます。

おっしゃっていただいたように、双方向に評価を強制する仕組みによって、売主にも買主にもよい意味でプレッシャーがかかると考えられますね。今のCtoCアプリではだいたいこういう仕組みになっているのか、いつか見てみたいと思います。

気になった点(商品検索結果について)

まだ出品されている商品が少ないからだと思いますが(サービスリリースにあたり、まずノジマがスマホなど250点を出品したということです)、検索結果が0件となっているカテゴリーが目立っています。

ただアプリでは「商品が無いから0件なのか」「検索の設定条件に問題があるから0件なのか」がよく分からず、かつその検索結果画面は何も表示されていないブランクのページであるため(iPhone6、最新のiOSで確認)違和感があります。

これからアプリのUIが改善されていくことだとは思いますが、気になりました。

最後に

これからジャンル特化型のフリマアプリへの参入はますます増えていくと思います。

コメ兵は今年秋からということを発表していましたが、時期を早めるかもしれません。それくらい、消費者の中で中古品をオンラインのフリマアプリでやり取りするという行動が、速いスピードで一般化してきています。

一方、フリマアプリのようにCtoCで消費者同士が直接繋がってしまう形になると、消費者にリアル店舗に中古品を持ち込んでもらってそれを販売する形態(ブックオフなど)のビジネスに影響が出ます。

実際ブックオフのビジネスは厳しくなっていますし、新しい技術によってもたらされる消費者の行動の変化をしっかりと捉えなければと思います。

関連記事として、昨日下記のエントリを書いていますのでこちらもどうぞ。

www.yellowpadblog.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後もいろいろなエントリを書いていきますので、ぜひお気軽にTwitterのフォローや読者登録をお願いします。